未経験者に知っておいてほしい、介護の仕事に向いている人の13個の特徴

線路は続く

 

介護の仕事に興味をもち、働こうとする際に、自分に向いている仕事なのか?という事はだれしも気になるところです。

介護に向いている人は、どの施設、事業所に行こうとも、「あの人ならどこででも通用する」と評価されます。逆に向いていない人は、入職しても1年以内で辞めてしまう事が多いです。

実際に働きはじめる前に「介護の仕事は自分に向いているのか?」確認しておいて損はないでしょう。

 

介護の仕事に向いている人

 

介護の仕事に向いている人の13個の特徴と、その利点を説明します。すべてが当てはまっている必要はありません。

当てはまっている所を長所として、そこを伸ばしていくと良いでしょう。

 

介護の仕事に向いている人の13個の特徴

 

  1. 鈍感力
  2. 素直
  3. 共感力
  4. 感情のコントロールが出来る
  5. 観察力
  6. 落ち着いている
  7. 人の話を聞くのが好き
  8. 人に感謝できる
  9. 慎重
  10. 時間を意識して行動できる
  11. 報告 連絡 相談が出来る
  12. 積極性
  13. 礼儀、礼節がある

 

 

 

①鈍感力があること

介護は真正面から受け止めて、深く考えすぎてしまうとストレスがたまりやすい仕事です。認知症の利用者の対応であったり、時には厳しい指導を受けたりといったこともあります。

そして、利用者の中には終末期の方もいます。働いていれば、そういった方との離別の時も訪れます。

全てを重く受け止めてしまうと、前に進めなくなってしまいます。気持ちを切り替えつつ、前向きに捉え、次に活かしていくような鈍感力があると良いでしょう。

 

②素直さがあること

素直さがあると、利用者や職員とよい関係を築けます。話を聞き、まずは否定せずに受け入れる素直さがあると、利用者さんと信頼関係を築きやすく、職員間でも助け合って行けるでしょう。

 

③共感力があること

共感というと「あなたの気持ち、分かります」というのが思いつくと思いますが、ここでいう共感力は、利用者の話に意識を集中し、相手に「この人なら分かってくれる」と思ってもらえることです。

身体のあちこちに痛みがあり「とても痛いのよ」と訴える利用者に、「あなたの気持わかります」と伝えても、分かるはずがないと反感を買うだけです。

「痛くて辛いんですね…」と相手の話を繰り返すことで、「そうなの、痛いのよ」と相手の気持ちに寄り添うことが出来ます。

相手の気持ちに寄り添うことが出きる人は、利用者と信頼関係をむすぶことが出来るはずです。

 

④感情のコントロールが出来ること

介護の仕事は、認知症の利用者対応や、急いでいる時に全身びしょ濡れの失禁の対応など、自分のペースで仕事を出来ないことが多いです。

そういう時に、イライラが表に出てしまう人は向きません。介護とはそういうものだと受け流がし、気を取り直してポジティブに行動する能力がある人は、介護の仕事に向いているといえます。

 

⑤観察力があること

利用者の中には、上手く言葉で表現できなかったり、言葉を話せない方もいます。

日々の生活を観察し、その方の望む暮らしをするには、どういった手助けが必要なのかを考える力が必要です。

また、体調不良なども、日々の観察から「ちょっと様子が変だな?」と発見する事ができます。

 

⑥落ち着いていること

突発的な事故や、嘔吐、体調の急変など、介護の仕事では急に何かしらの対応が必要になることが多くあります。その際に、落ち着いて行動をする力が必要となります。

自分一人では対応できない場合は、落ち着いてまわりに助けを求めましょう。

 

⑦人の話を聞くのが好き

話好きな利用者も多くいます。そういった方の話を楽しく聞く事ができる人は介護の仕事に向いていると言えるでしょう。

コミュニケーションスキルの一つに傾聴という話を聞く為の技術があります。傾聴することで、利用者への理解を深めることができます。

 

⑧人に感謝出来ること

利用者や職員に、ありがとうと感謝できることは大切です。

感謝は人間関係を円滑にします。ちょっとしたことでも、ありがとうと感謝を伝えることで、信頼関係を結べるでしょう。

 

⑨慎重であること

介護の仕事は、第一に安全が求められます。なんとなくや、見よう見まねで介護をすると、利用者に危険がおよびます。

過信せず、慎重に行動出できる人が向いているといえます。

 

⑩時間を意識して行動できること

介護は、決められたスケジュール内で仕事をする場合がほとんどです。

そうしなければ、サービス提供を受ける権利がある利用者全員にサービスを提供できなくなってしまうからです。

利用者の話を聞くなどの対応をしている場合も、時には理由を説明し、待って頂く必要がある場合もあります。そうしなければ、他の利用者が介護をうけられなくなってしまうからです。

 

⑪報告・連絡・相談ができること

介護の仕事はチームケアで行われます。一人の利用者に対して、医者や看護師、ケアマネージャーなど、介護士だけではなく、各分野の専門家が関わります。

また、介護士に関しても、一人だけで介護をするわけではなく、多くの介護士が一人の利用者に関わります。

各専門家、職員間の連携がよいほど、利用者の満足につながります。変化や要望など、報告・連絡・相談をすることで、よりよい介護を提供することができます。

 

⑫積極性

傾聴など、介護は受け身の姿勢をとることも多いですが、時には積極性が必要な時もあります。

施設などのサービスを初めて利用される方に、はやく馴染めるように働きかけたり、発見や、改善案を職員間で共有する為に働きかけたりといった時に、積極的に動ければ、より良い介護につながります。

 

⑬礼儀・礼節があること

介護の仕事に慣れてくると、利用者と友達感覚で接してしまうことがあります。介護士が接する相手は、人生の大先輩である事を忘れず、礼儀・礼節を大切にして接するようにしましょう。

 

 


全部に当てはまらなくても、自分に当てはまるところを長所として伸ばしていこう!

 

 

介護の仕事に向いていない人

 

介護の仕事に向いていない人の5つの特徴を説明します。当てはまる場合は、介護の仕事をする上での短所として捉え、自分をコントロールしていくと良いでしょう。

 

 

介護の仕事に向いていない人の5つの特徴

 

  1. 怒りっぽく、それが表に出てしまう
  2. 自分のペースを乱されることに我慢ならない
  3. まず否定から入る
  4. あいさつをしない
  5. 見栄をはってしまう

 

 

 

①怒りっぽく、それが表に出てしまう

怒りっぽく、それが表にでてしまうと、不適切なケアや虐待につながります。

怒りやイライラをコントロールするアンガーマネジメントでは、怒りのピークは長くて6秒と言われています。怒りを感じたら、6秒やり過ごすなど、イライラを逃がすように心がけましょう。

 

②自分のペースを乱されることに我慢ならない

介護の仕事は、頻繁なトイレの訴えや、家に帰りたいという訴えが続く帰宅願望などの対応を行ったりと、自分のペースで仕事ができない事が多くあります。

そういった時も、腹を立てずに、それも大切な仕事と認識することが大切です。

 

③まず否定から入る

否定的な考えは、可能性をつぶすことになります。○○が出来ないから、ではなく○○が出来るからといった視点で対応などを考えることが、利用者の満足につながります。

職員間の関係も、まずは認めるところから入ると、良い人間関係を築けるでしょう。

 

④あいさつをしない

あいさつは、良い人間関係を築く第一歩です。利用者、職員、利用者の家族、しっかりと聞こえる声であいさつをすることにより、信頼関係を築いていきましょう。

 

⑤見栄をはってしまう

見栄をはってしまう人の中には、自分の実力を誇示する為に、利用者の安全を深く考えず、負担のかかる介護をする人もいます。

そういった方法では、利用者に大きな負担を与えるだけではなく、職員の真の信頼も得られません。

 


自分の短所はここっ!と自覚していれば、対策も見つかるはずだよ!

 

介護の基本を身につけるには

手助け

 

 

介護の基本を身につけるには、「介護職員初任者研修」の資格講座の受講がもっとも良い手段です。この講座を受けることで介護の仕事をする上での基本が身につきます。

 

介護職員初任者研修の取得方法については↓の記事をご覧ください。

 

転職後のスタートに差が出る?未経験者がとるべき資格 介護職に興味を持ち転職を決めた際、まず最初に目指す資格が「介護職員初任者研修」です...

 

 

介護職員初任者研修の資格取得には、資格スクールに自分で申し込んだ場合5~10万円の費用がかかります。

ですが、介護転職サイト(転職エージェント)である「かいご畑」を利用すれば、無料で資格が取得できます。

また、自分の経験、希望に沿った介護の職場を紹介してもらえるので、未経験の方でも安心して介護の仕事を始めることができます

 

【かいご畑】
 

未経験・無資格OKの求人を多数とりそろえ、「介護職員初任者研修」「介護職員実務者研修」などが派遣求人で就業が決定した場合に無料で取得できる資格取得支援制度のある転職サイト(転職エージェント)です。

登録者の57%が介護資格を持っていない状態から介護の仕事をスタートしている実績をもち、介護未経験者のサポートに強みをもっています。

介護の仕事がはじめてでも、介護資格をもつコーディネータが、仕事探しから、就業後まで丁寧にフォローしてくれるので安心です。

あなたのペースで介護の仕事に慣れていける職場を紹介してくれます。

高時給、週3日、日勤のみ等、希望に応じて、正社員、派遣・パート、紹介予定派遣など介護職としてさまざまな働き方を選べます。

介護未経験者・無資格者のサポートに強みがあり、未経験から正社員を目指したい場合にも最適な転職サイト(転職エージェント)です。

 

>>「かいご畑」利用の流れはこちら<<

こんな方におすすめ!

 

  • 未経験から介護の仕事をはじめたい
  • 介護がはじめてなので自分のペースで仕事に慣れていきたい
  • 介護の資格を0円で取得したい
  • 自分のライフスタイルに合わせた働き方がしたい
  • 未経験から正社員をめざしたい
社名 株式会社 ニーソネット
設立 1999年 9月
厚生労働大臣認可 労働者派遣事業 許可番号:派27-029007
有料職業紹介事業 許可番号:27-ユ-020166
非公開求人 あり
求人数 約 10000 件

公式サイトを見る

 

>>「かいご畑」の特徴や利用の流れはこちらの記事をご覧ください!<<

 

 


「かいご畑」は未経験の求人に強みをもっていて、資格も無料でとれるから、これから介護を始めようって人にはピッタリだね!

 

介護未経験で転職を成功させる為に必要なことをまとめた記事↓もよかったらご覧ください!

転職エージェント未経験
「介護の仕事に興味があるけど、生活出来ないほど給料安いのに、休みも少なくサービス残業も多いんでしょ?」 世間では多くの方が介護職にこんな印...

 

まとめ

 

介護の仕事に向いている人、向いていない人の特徴を説明させていただきました。

向いている人の13個の特徴を、全て満たすひとはなかなかいません。少なくとも私は見たことがありません。

介護の仕事はチームケアです。足りない部分をおぎない合うことで成り立ちます。自分で全てを解決しようとするのではなく、時には人を頼り、時には人に頼られる。

そのようなチームワークでの解決により、良い方向へ向かうことも介護の仕事の楽しさの一つです。

介護未経験の方が現場で働く上での心得をまとめた記事もありますので、よろしかったら見てみてください。

 

記事「介護職への転職!未経験者の不安を取り除く11個の心がけ」は↓をご覧ください。

ハート
介護の現場で活躍する為に必要な事は? 介護職への転職を果たし誰しも不安に思うことが、新しい職場に馴染めるか?自分にこの仕事が務まるのか...

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

新人の孤独

介護職の新人はなぜすぐに辞めるのか?定着してもらう為の7つのポイント

青空

介護職の雇用形態。正社員、派遣など、それぞれの特徴とメリット

靴

介護職の靴は何がいい?現場に適した靴の選び方の8つのポイントを解説

介護の持ち物

介護職の持ち物で必要な物は?ワンランク上の介護をする為の持ち物10選

退職を迷っているときに確認すべき13個のこと

退職を迷っているときに確認すべき13個のこと【その退職、本当に後悔しない?】

【介護職員初任者研修】資格の取得方法。無料で資格を取得するには?