【介護職員初任者研修】資格の取得方法。無料で資格を取得するには?

転職後のスタートに差が出る?未経験者がとるべき資格

 

介護職に興味を持ち転職を決めた際、まず最初に目指す資格が「介護職員初任者研修」です。資格を取得することで、介護職員として働く上で必要な基本的知識や技術を修得できます。

資格取得費用は利用するサービスにより0円から10万円と幅広く。修得にかかる期間は、働いていないのなら1~2カ月。就業中なら4カ月位が目安となります。

無資格でも介護の仕事を始める事は可能ですが(ホームヘルパーは資格必須です)、資格の有無で仕事の習熟度の違いが出てくるのは言うまでもありません。

介護職の現場では、「ADL」「QOL」「トランス」「ボディメカニクス」等、専門用語が飛び交っています。

介護の仕事はOJT(実際に仕事をしながら仕事を覚えていく)である事が多く、現場で指導を受ける際も、「用語の意味から教育」よりも「ある程度の用語を知っている前提での教育」の方が的確な指導を受けることが出来ます。

もちろん給与に資格手当てがつく場合がほとんどな為、給与面でも介護職員初任者研修は早い段階で取得したい所です。

実際の取得方法は大きく分けて

 

介護職員初任者研修の取得方法

 

  1. ハローワークの利用
  2. 自分でスクールの講座を申込み通信+通学講座
  3. 資格取得支援あり介護転職エージェントの利用

 

このような方法があります。各取得方法について、メリット・デメリットを踏まえ、説明して行きたいと思います。

 

介護職員初任者研修の取得方法

①ハローワークを利用した資格取得

「ハローワークの求職者支援制度」または「職業訓練受講給付金制度」を利用し介護初任者研修を取得します。

「ハローワークの求職者支援制度」は受講料全額給付(ただしテキスト代等諸費用は別途かかる)。「職業訓練受講給付金制度」は受講料の20%相当の給付があります。

ただし、費用以外のデメリットは多く、制度の利用には細かな条件があります。受講の振り替え等の融通も利かず、家庭の事情等で指定日に受講出来なかった場合等に給付が取り消される場合もあるようです。

また、その後の就業支援についても、介護転職の深い見識や、親身な対応が必ずしも期待できるわけではない為、労働環境の悪い、いわゆるブラック施設への入社も心配です。

 


確かに費用はかからないけれど、かかる手間や自由度。その後の就労支援まで考えると不安だね…

 

②自分でスクールの講座を申込み通信+通学講座を受け取得

自分で資料請求を行い、スクールの講座に申込み介護職員初任者研修を取得します。

通信講座と通学講座を併用した学習スタイルで、週に4回通学することができれば1カ月~1か月半程。就労中ならば週1回の通学で約4カ月程の期間で資格を取得出来ます。

かかる費用は5万~10万円位。資格取得後の就労支援を行っているスクールもあるので、自分のペースで資格を修得した後、スムーズに仕事に就ける所も魅力です。

 

ケア資格ナビ」を利用すれば、ご自身が住む地域の資格スクールの料金比較が出来るので便利です。

「ケア資格ナビ」の公式サイトを見る

 


費用は掛るけど、自分のペースで資格を取得できるのはいいな。取得後に就労支援があるのも心強い!

 

③資格取得支援あり介護転職エージェントの利用

介護転職エージェントは経験者の転職に強みを持つ会社が多いのですが、「かいご畑」は登録者の約60%が介護職未経験で「未経験、無資格」の転職に強みを持っています。

資格取得の応援制度も充実しており、「介護職員初任者研修」を無料で取得出来るだけではなく、初任者研修取得後に目指したい「介護職員実務者研修」も無料で取得できます。

介護教室の運営も行っているからこそ出来る強みです。

働きながら資格を取得する為、忙しくはなりますが、講座で得たものを実際の業務で実践出来る環境にあれば習熟度も増します。なにより無料で資格を取得出来るのは、ありがたいですね。

 


資格が0円で取得出来るなんて嬉しい!就労支援も転職のプロのサポートがあれば安心だね!

 

 

【かいご畑】
未経験・無資格OKの求人を多数とりそろえ、「介護職員初任者研修」「介護職員実務者研修」などが派遣求人で就業が決定した場合に無料で取得できる資格取得支援制度のある転職サイト(転職エージェント)です。

介護資格をもつコーディネータが、仕事探しから、就業後まで丁寧にフォローしてくれます。

高時給、週3日、日勤のみなどの希望に応じて、正社員や契約社員、派遣・パート、紹介予定派遣など介護職としてさまざまな働き方を選べます。

月3回まで使える給料週払い制度もあり、急な出費や、働いた分の給料を早めに欲しい方も安心です。

社名 株式会社 ニーソネット
設立 1999年 9月
厚生労働大臣認可 労働者派遣事業 許可番号:派27-029007
有料職業紹介事業 許可番号:27-ユ-020166
非公開求人 あり
求人数 約 10000 件

公式サイトを見る

 

 

まとめ

介護職のキャリアアップの入口である、介護職員初任者研修の取得方法を説明させて頂きました。

私自身は未経験の時は全く情報を探す事なく、名前を知っていたスクールにお金を払って資格を取得しました。この記事を書いていると、もったいなかったな、と思ってしまいますね。

読んでくれた皆さんが、私よりも良い方法で介護職員初任者研修を取得出来ればと思います!

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

YES

介護職へ転職すべき?メリット・デメリットを解説します

転職エージェント未経験

未経験から介護職に!転職に失敗しない為の転職エージェント利用法を解説!

【介護職】転職の条件は給料アップだけ?優良経営施設の10個のポイント

コミュニケーション

【介護転職】新しい職場で良い人間関係を作るコミュニケーション方法

年収アップの秘訣!介護転職サイト(転職エージェント)の利用方法を解説!

朝焼け

【介護派遣】日給3万円以上?夜勤専従。仕事内容はどんな事をする?