介護職への転職!未経験者の不安を取り除く11個の心がけ

ハート

介護の現場で活躍する為に必要な事は?

 

介護職への転職を果たし誰しも不安に思うことが、新しい職場に馴染めるか?自分にこの仕事が務まるのか?だと思います。私自身、33歳で初めて介護業界に転職し同様の不安を持っていました。

新卒や異業種からの転職者、同じ業界からの経験者採用。介護業界には様々な新人がいます。様々な新人を見てきた上で介護職として良いスタートを切る人には2つの共通点があります。それは…

  1. 協調性がある事
  2. 利用者目線で物事を見られる事

以上の2点です。「協調性がある」「利用者目線を持っている」と現場の職員に認識されれば、間違いなく介護士のスタートとして成功です。信頼され、よい人間関係を築いていけるでしょう。

介護士の仕事は現場仕事であり、新人教育はOJT(実際に仕事をしながら仕事を覚えていく)である事が多いです。

OJTの場合、この人は将来良い介護士になりそうだな!と思ってもらえれば、指導する側も指導に熱が入ります。

強調性なんて自身ないよ…!利用者目線って何だよ!?という方でも大丈夫です。これから説明する11個の心がけを実践すれば、介護士として必要な「協調性」「利用者目線」が自然と身について行きます。

まずは、「協調性」「利用者目線」が必要な理由、その後に「協調性」「利用者目線」が身に付く11個の心がけを説明します。

特別なスキルは必要ありません。誰でも心がけ次第で行える11個の事を実践することで、今は未経験者でも3カ月目には職場に馴染み、仕事を続けていく自信がついているはずです!

 

 

「協調性」「利用者目線」が必要な理由

 

「協調性」が必要な理由

介護は一人の利用者に多くの人間が関わります。入所施設なら、24時間途切れることなくケアを提供する必要がある為、時間毎に対応する職員が変わります。

そして医師、看護師、ケアマネージャー、管理栄養士、理学療法士等、それぞれの分野の専門家が利用者の生活を手助けする上で役割を持ちます。

介護職員間や各分野の専門家との意思疎通や、連携が上手く機能している事が、利用者に良いケアを提供する為に必要です。

 

「利用者目線」が必要な理由

介護士の仕事は利用者の不自由な部分を補い、良い生活を送る為の手助けをする事です。介護の仕事をしていると、つい介護者目線の仕事をしてしまいがちです。

利用者目線でより良い生活をする為に…、理想論かもしれませんが、それを実践していく事で自分も仕事に遣り甲斐をもて、利用者にも満足度の高いケアを提供できます。

「利用者目線」を最初に身につけておく事、介護の仕事を充実させる上でもとても重要な事です。

 

 

新人介護職員として必要な11個の心がけ

新人介護職員の11個の心がけ

  1. 笑顔で明るくあいさつをする!
  2. ありがとうございます、すいませんは必ず言う
  3. 指導を受ける際はあいづちをいれる
  4. 話を聞く時は相手の顔を見る
  5. 清潔感のある身だしなみ
  6. 積極的に質問をする
  7. 利用者の名前を早めに覚える
  8. 職員の名前を早めに覚える
  9. 利用者と話しをする時は目線の高さを同じにする
  10. 声を掛けられた時や、ナースコールは一番に反応する
  11. レクリエーションを行う際は、全力を出す

 

どうでしょうか?どれも特別なスキルは必要なく、心の準備をしておけば実践できる事です。介護士として仕事をしていく上で何故この11個の心がけが必要か解説していきます。

①笑顔で明るくあいさつをする!

笑顔で明るくあいさつをすれば、相手だけでなく自分自身も心が明るくなります。しっかりとあいさつの出来る職場は雰囲気が明るくなります。

職場の雰囲気が良いと利用者ももちろん過ごし易くなります。自分自身が明るくあいさつをすることだけで、職場に貢献している事になります。

また、介護の職場には利用者の家族、訪問サービス、業者etc、様々な人が出入りします。自分が知らない人でも、明るくあいさつして損はないです。

 

②ありがとうございます、すいませんは必ず言う

何かをした際に、感謝されて悪く思う人はいません。指導時に先輩職員へ、利用者さんに洗濯物たたみを手伝って頂いた時、たとえ小さな事でも感謝の意を伝える事は、人間関係を円滑にします。

また、自分が間違った事をした際は、謝罪を言葉で伝えましょう。何かを間違ってしまった際は、相手に悪い印象を与えますが、しっかりと謝罪出来れば、プラスの印象へと変える事が出来ます。

感謝も謝罪も「思っているだけ」と「言葉で伝える」とでは段違いに印象が違います。

 

③指導を受ける際はあいづちをいれる

指導する職員も人間です。相手が自分の話をしっかりと聞いているか?理解しているか?は気になります。

話の合間にうなずきや「はい」「わかりました」とあいづちを入れる事で、「話をしっかりと聞いています」、「内容を理解しました」と伝える事が出来ます。

聞いているのか分からない相手より、あいづちをいれてくれた方がコミュニケーションが取れる人だなという印象をもたれます。

 

④話す時は相手の顔を見る

あいづちと同じですが、顔を見る事で相手の話をしっかり聞いています、と伝える事が出来ます。

そっぽを向いていたり、下を向いていたりすると、話を聞いていないのかな?と相手に思われてしまい悪印象です。

 

⑤清潔感のある身だしなみ

介護士は人と接する機会の多い仕事です。清潔感のない身だしなみだと、仕事以外の面でマイナスの印象を持たれてしまう可能性があります。

また、介助時に身体に接触する機会も多いので、アクセサリーや、まとめていない長い髪は利用者が怪我をする原因となります。

 

⑥積極的に質問をする

分からない事、気になった事は積極的に質問をしましょう。分からない事を聞いてくる人は、分からないまま仕事をしない人なので安心して仕事を任せる事が出来ます。

指導側の職員も相手の理解度を確認出来るので、効果的な指導を受ける事ができるでしょう。

 

⑦利用者の名前を早めに覚える

介護士の仕事は利用者の名前と顔が一致しなければ仕事になりません。施設によっては100名を超える場合もあるので大変ですが、大変だからこそ早めに覚える事で、「おっ!飲み込み早いな!」という印象を与えます。

1日10名を目標に頑張りましょう。利用者に積極的に声を掛け、その際に起きたエピソードとセットで記憶すると、覚えやすいです。

 

⑧職員の名前を早めに覚える

会ったばかりの人に名前を覚えてもらえていたら嬉しくないですか?喜んでもらう事は人間関係の向上につながります。

「⑦利用者の名前を早めに覚える」でも話しましたが、エピソードと共に記憶すると覚えやすいです。また、自己紹介された時に「nagatoさんですね、よろしくお願いします!」と相手の名前を口に出す。教えてもらった名前をメモに残し、後で時間がたった後に確認する等も名前の記憶に有効です。

 

⑨利用者と話をする時は目線の高さを同じにする

施設等の利用者と話をする際、利用者が立っている状態で話をする事は少ないです。自分がかがむ等し、目線の高さを合わせましょう。

座った状態で上を見ながら話をするのは利用者の負担になります。話す時は目線を合わせる!を実践すれば、相手の立場になって物事を考える癖がつくでしょう。

 

 

⑩声を掛けられた際や、ナースコールには一番に反応する

利用者が「すみません」等と誰かを呼んだ時は一番に反応し声を掛けに行きましょう。「利用者が声を上げる」=「何かしらのニーズがある」という事です。

利用者のニーズを把握し、対応・改善していく事は、介護士の重要な仕事の一つです。一番に反応し、利用者のニーズを拾っていく癖をつけましょう。

声を掛けた後、対応に困った時は、他の職員を頼り、その対応をしっかりと見て下さい。利用者が喜んでる!良い対応だな!と思ったら自分の物にしていきましょう。

 

⑪レクリエーションを行う際は全力を出す

新人でレクリエーションへの参加が得意な人は少ないです。私自身もそうでした。

だからこそ、歌レクで元気に歌ったり、体操レクでしっかり身体を動かしたりすれば、キラリと光るものがあるな!と印象を持たれます。

そんなキャラじゃないよ…、と思う方もいるかもしれません。そんな方は自分を捨て体操のお兄さんになりきるつもりでレクに参加しましょう。

恥ずかしがって、中途半端にやっている人の方が余計に恥ずかしく見えるものです。

 

まとめ

介護士の新人として大切な心がけについて説明させて頂きました。

介護という仕事は、やりがいを持って仕事を出来るか?で満足度が大きく変わる仕事だと思います。

今回説明させていただいた事を、意識し実践していく事で、将来、介護という仕事にやりがいをもって取り組める下地を作れると思います。また、生活面に関しても、やりがいを持って取り組んでいれば自然と評価は高まり、収入面でも違いが出てきます。

この記事を読んでくれた方が、よい介護士としての第一歩を踏み出してくれる事を願っております!

 

介護の仕事に向いている人の特徴をまとめた記事↓もよかったらご覧ください。

線路は続く
介護の仕事に興味をもち、働こうとする際に、自分に向いている仕事なのか?という事はだれしも気になるところです。 介護に向いている人は...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

転職給料比較

介護職の給料公開!転職で給料が上がるって本当?転職前後の給料を比較!【実体験】

【介護職】転職の条件は給料アップだけ?優良経営施設の10個のポイント

爪切り

【介護の仕事】爪切りや耳かきはしてもいい?介護士に出来る医療行為は?

介護職のキャリアアップ!無料で介護職員実務者研修の取得は可能か?

靴

介護職の靴は何がいい?現場に適した靴の選び方の8つのポイントを解説

コミュニケーション

【介護転職】新しい職場で良い人間関係を作るコミュニケーション方法