【30・40代介護転職】好印象な履歴書の書き方。志望動機【履歴書画像】

履歴書

 

介護業界では、30代・40代で未経験での転職も活発に行われています。50代、60代でも現場で働いている事が多く、30代・40代はまだまだのびしろがあると判断されているからです。

介護職の転職では、履歴書の内容を元に面接が行われる事が多く、履歴書の出来が良ければ面接の成功率は上がります

ここでは、40代介護職経験者向けに、アピールの武器となる履歴書の書き方を、履歴書サンプル画像を元に説明していきます。

 

 

介護未経験者の履歴書については↓の記事をご覧ください。

履歴書
介護業界では、30代・40代未経験の方の採用も活発に行われています。 50代・60代の方も現場で活躍しており、30代・40代はまだ...

 

 

履歴書を書く下準備

 

履歴書を書く前に、まずは下準備をします。下準備をして面接を成功させる履歴書を作りましょう。

 

 

履歴書を書く下準備

 

  1. 転職の理由を整理する
  2. 自分の強みを考える
  3. どんな履歴書を使うかを決める

 

①転職の理由を整理する

なぜ転職をするのか?理由を整理しましょう。例えば「年収アップ」「通勤時間を減らす」「キャリアアップしたい」「職場環境」「上司」「人間関係」「家族の都合」などでしょうか。転職のキーとなる理由を明確にしましょう。

 

②自分の強みを考える

自分のアピールポイントを整理しましょう。例えば「人当たりの良さ」「判断力」「実行力」「介護職での経験年数」「コミュニケーション力」「気配り」「忍耐力」「健康」など人により良さはさまざまです。自分の強みを整理し、それを軸にして転職活動を行いましょう。

 

③どんな履歴書を使うかを決める

どんな履歴書を使うか決めます。自分をアピール出来る履歴書を選びましょう。ポイントとしては

 

 

履歴書えらびのポイント

 

  • 手書きかパソコン作成か?
  • 履歴書に書かれている項目

 

 

履歴書は手書きかパソコン作成か?

手書きか、パソコン作成か?ですが、今はパソコン作成も一般的となり、印象に大きな差はありません。丁寧で見やすい履歴書ならば、どちらを使用しても構わないでしょう。

私自身はパソコン作成をおすすめします。30代・40代の転職は在職中に行う事が多く、時間の合間をぬって行う事も多いです。緊急に面接が入った場合も、簡単な修正とプリントアウトで済む為、対応が容易です

字の綺麗さ、丁寧さに自信があり、それをアピールポイントにしていきたい場合を除き、パソコン作成をおすすめします。

印刷は普通のコピー用紙ではなく、品質の良いA4用紙を使用し、2枚をクリップ等でとめて提出すれば問題ありません。

 

 

履歴書に書かれている項目

履歴書は、「志望動機」はほぼ全ての履歴書に書かれていると思いますが、「自己PR」「長所・短所」「趣味」「健康状態」など、選ぶ履歴書により書かれている項目はさまざまです。

自分の強みをアピールしやすい項目が書かれているものを選びましょう。

 

 


まずはじめに転職理由を整理しておけば、履歴書に一貫性がでて説得力がでるよ!

履歴書の作成(履歴書画像)

 

【30代・40代介護職履歴書の一例】

 

[30代・40代介護職履歴書の一例 1枚目]

履歴書[30代・40代介護職履歴書の一例 2枚目]

40代履歴書

 

 

履歴書フォーマットは、「転職HacKs」様のフォーマットを使用しております。

上の画像「30代・40代介護職履歴書の一例」を元に、作成の際の注意点、履歴書の内容の解説をしていきます。

 

 

履歴書作成の注意点

 

 

履歴書作成の注意点

 

  • 誤字、脱字に注意
  • 空欄を作らない
  • 段落や、文字の位置、高さを整える

 

誤字脱字に注意

誤字、脱字が無いように、作成後は必ず見直しましょう。パソコンで作成した場合は、前回使った物を微修正し次の面接時に使用する場合もあると思います。

修正後と前後の文脈と整合性がとれているか確認しましょう。

 

空欄を作らない

空欄があると、記入漏れと思われてしまい、悪印象です。全ての欄を埋められる履歴書フォーマットを使い、空欄は作らない様にしましょう。

 

段落や文字の位置、高さを整える

段落や文字の位置、高さが整っていると、履歴書が見やすく丁寧な印象を与えます。誤字、脱字のチェックをする際に、同時にチェックを行い、印象アップを行いましょう。

 

 


綺麗で見やすい履歴書は印象をアップさせるよ。書いてある内容以外でもアピールしよう!

 

履歴書の基本プロフィール・経歴欄の書き方

 

 

基本プロフィール・経歴欄のチェックポイント

 

  1. 日付は何日を記入する?
  2. 会社、学校等、正式名称を記入
  3. 職歴は会社名だけでなく、簡単な説明を加える
  4. 空白期間がある場合のポイント

 

①日付は何日を記入する

  • 面接時に提出する場合は「面接日」
  • 郵送する場合は「投函した日」
  • 事前に提出する場合は「提出日」

パソコン作成する場合、うっかり日付の修正を忘れてしまう場合があるので注意しましょう。

 

②会社、学校名は正式名称を記入

  • 「高校」は「高等学校」が正式名称です
  • (株)○○商事は「(株)⇒ 株式会社 」
  • 特養や老健は法人名から記載

 

③職歴は会社名、部署名だけでなく簡単な説明を加える

会社名のみだと、何をしていたのか分かりません。簡単な説明をくわえておくと、職歴像を想像しやすく、アピール出来る方向に話が進みやすいです。

 

④空白期間がある場合のポイント

職歴に空白期間があると、採用担当者は気になります。「親の介護」「アルバイト」など、その時何をしていたのかを整理し、その期間で得たものを説明出来るようにしておきましょう。

たとえ、何もしていない様に思える時期でも、その時期を経て、今の自分が構成されています。空白期間で何を得たのか?しっかりと考え、説明出来るようにしましょう。ポイントとしては、とにかく前向きに捉えること!です。

 

 


私は空白期間でした経験が、介護職を目指すきっかけになった!って話したよ

 

 

履歴書の資格欄の書き方

 

介護に関連する資格を書きましょう。異業種の資格もアピールに繋がりそうな資格は書きましょう。また、ホームヘルパー等、一般的な名称が正式名称ではない場合もあるので注意して下さい。

 

【資格正式名称】

 

  • 普通自動車弟一種免許(普通自動車免許)
  • 訪問介護員2級養成研修課程修了(ホームヘルパー2級)
  • 介護支援専門員(ケアマネジャー )
  • 介護職員初任者研修(初任者研修 )
  • 介護職員実務者研修(実務者研修 )

※( )内は俗称

履歴書の志望動機の書き方

 

志望動機の一例をもとに、チェックポイントを説明します。

 

 

【志望動機の一例】

 

「私は特別養護老人ホームで6年半介護職として働いてきました。人の役に立つ事に喜びを感じ、ご利用者やご家族の満足や、職員の働きやすさに繋がるように、業務の実施、改善案の提案をしてきましたが、キャリアップ研修制度の充実した環境でスキルアップをしていきたいという思いと、自分の暮らす地域に貢献したいという思いから、貴法人を志望しました。」

 

 

 

志望動機を書く時のポイント

 

  • 施設が求めている人材を理解する
  • 自分の経験が活かせる事をアピールする
  • なぜ、その施設に入りたいのかを説明する

 

 

 

施設が求める人材を理解する

応募施設のホームページを確認しましょう。「利用者だけではなく家族への対応がしっかりしている」「チームワークが売り」「地域に愛される施設」「キャリアップ研修を多く実施」など、その施設が重点を置いている事が書いてあるはずです。

自分の経験」、「転職理由」と照らし合わせ、一致するものをキーワードにしましょう。

上の例では、「ご家族の満足」「チームワーク」をキーワードにしています。

 

自分の経験が活かせる事をアピールする

この履歴書フォーマットでは、「自己PR」欄もある為、活かせる経験についてはそちらに記入しました。

経験をアピールしたい場合、「自己PR」欄のあるフォーマットを選択するのも一つの手でしょう。自己PR欄の無いフォーマットを選択した場合は、活かせる経験を交えた志望動機にしましょう。

 

なぜその施設に入りたいのかを説明する

ここでは、転職理由として、「自宅の近くで働きたい」「キャリアアップしたい」「年収をアップさせたい」を前提に志望動機をかいています。

そのキーワードと一致する「キャリアップ制度の充実」と「自分の暮らす地域への貢献」を、その施設に入りたい理由としています。

 


志望動機は転職理由と同じ(または近い)理由だと説得力がでるよ!

 

 

履歴書の自己PRの書き方

 

自己PRの一例をもとに、自己PRの書き方を説明します。

 

【自己PRの一例】

 

「介護職として6年半、フロアリーダーも任される様になり、安全、安楽に、かつ時間内で業務を終わらせる事を意識し実践してきました。入職し3年目で排泄委員会の委員長を任され、吸収性能の良いオムツへの変更提案、導入を行い、排泄業務の改善、利用者の褥瘡予防に繋げる事が出来たと思います。

 

今年3月に施設内研修としてポジショニング研修を実施しました。資料作成と講師を担当し、施設の介護の質向上の一助となれたのではないかと思います。また、ソフトウェア開発を約14年経験しました。その経験により、パソコンの知識が身に付き、ご利用者の対応や委員会関連の周知に関して、パソコンを利用し、分かり易く行えていると思います。」

 

 

介護職から介護職への転職では、前の施設での経験がそのまま、次の施設に活かせる場合が多いです。

「自分の経験」「自分の強み」を元に自己PRを書きましょう。ポイントとしては、「行動した事」に対して「どのような結果を得たか」を意識して書くと良いでしょう。

異業種の経験がある方ならば、その経験で得たものをどう活かしたか?を書いておくとアピールにつながるでしょう。

 


自分では小さな成功と思っていても、周りからみれば魅力的!経験をしっかりアピールしよう!

 

履歴書の長所・短所・健康状態の書き方

長所・短所・健康状態について、一例を元に説明します。

 

【長所・短所の一例】

 

長所:人当たりがよく落ち着きがあるので、フロアの雰囲気が良くなると言われます。

 

短所:注意や指導時の口調が穏やかな為、場合に合わせた表現を身につけたいです

 

 

長所は「自分の強み」の中から、志望動機、自己PRで触れられなかったけれど、伝えておきたい事を選ぶと良いと思います。

短所は、長所と表裏一体なので、長所から連想すると、書きやすいと思います。短所に関しては、改善に取り組んでいる、または改善する意思がある事を、合わせて書いておくと良いです。

 

 

【健康状態の一例】

 

昨年11月に受けた健康診断で異常なしでした。休日にジョギングや軽い運動をしております。

 

 

仕事に支障が出ないならば、健康状態は問題なしとしましょう。また、健康維持の為に取り組んでいる事を書きましょう。

他の項目にも言えますが、健康状態について書く事に抵抗があるなら、項目「健康状態」が無い履歴書を選ぶか、「健康状態」の項目を、自分のアピールしたい内容の項目に書き変えましょう。

「特技」「趣味」など、仕事につながりそうな内容が書けるならば、項目を変更するのも一つの手だと思います。

 


履歴書は自分のアピールポイントの助けになるフォーマットを選ぼう!

 

履歴書の本人希望の書き方

勤務時間など、どうしても伝えたい事以外は面接時に伝えましょう。年収の希望については、後ほど説明する、転職エージェントに交渉を任せるとスムーズです。

 

 

履歴書の添削を依頼しよう

自分ではいいと思っていても、客観的にみると、もっと良くなるポイントを発見出来る事は多いです。

転職サイト(転職エージェント)に登録すれば、履歴書の添削も行ってくれるので、自分自身だけでつくるより、好印象な履歴書を作成出来るでしょう。

交渉しにくい年収の交渉も代行してくれる為、履歴書のみならず転職活動の大きな助けとなってくれるでしょう。

 


転職エージェントは履歴書の添削だけじゃなく、転職全体をサポートしてくれるよ!

 

介護経験者におすすめ!業界最大級の介護転職エージェント

 

【スマイルSUPPORT介護】
「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介
 

首都圏最大級の求人数80000万件の中から、専任のコンサルタントが登録者にピッタリ合った求人を紹介してくれます。高待遇の非公開求人数も47000件あり、介護経験者のキャリアアップ、給料アップ、私生活に合わせた職場変更など、しっかりサポートしてくれます。

運営母体のHITOWAグループ(旧名称:長谷川ホールディングスグループ)は老人ホーム運営、人材サービスなどを行っており、そこで培ったノウハウやネットワークを活用し、求人のマッチング、面接の日程調整などスピーディな対応が可能なため、就業中の方も安心して利用出来ます。

こんな方におすすめ!

 

  • 年収(給料)を上げたい
  • 正社員で働きたい
  • 休日・待遇面で現在の職場に不満がある
  • 今の職場の人間関係に不満がある
  • 今の職場とは別の介護現場を経験したい
  • 自宅の近くで仕事を探したい
  • スピーディに新しい職場へ移りたい
社名 HITOWAキャリアサポート株式会社
設立 2008年 4月
厚生労働大臣認可 労働者派遣事業 許可番号:派13 – 304946
有料職業紹介事業 許可番号:13 – ユ – 305077
非公開求人数 約 47000 件
求人数 約 80000 件

公式サイトを見る

 

 

 

介護転職サイト(転職エージェント)の利用方法を解説した記事も良かったらご覧ください!

介護の仕事をしている方は身を持って体験している方も多いと思いますが、介護の仕事の定期昇給額は低めです。(...

 

まとめ

30代・40代介護経験者の履歴書の書き方を説明させていただきました。

介護経験者の転職では、「介護職での経験」「介護資格」が重視されます。そこを効果的にアピール出来るように、履歴書を作り込みましょう。

面談でほぼ確実に聞かれるのが「転職理由」です。前向きな理由として、志望動機と結びつけると好印象でしょう

履歴書の添削や、年収の交渉には介護転職エージェントの利用がおすすめです。上手に活用して、満足のいく転職活動が出来る事をいのっております!

 

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

スタート

介護施設の給料比較!給料が高い施設、特徴、向いている人を解説します!

退職手順

【退職手順】介護職を退職するときの流れ。有給消化・ボーナス!円満退社!

青空

介護職の雇用形態。正社員、派遣など、それぞれの特徴とメリット

転職給料比較

介護職の給料公開!転職で給料が上がるって本当?転職前後の給料を比較!【実体験】

コミュニケーション

【介護転職】新しい職場で良い人間関係を作るコミュニケーション方法

成功 失敗

介護職への転職!失敗しない為の転職方法は?