【介護職の退職】退職願と退職届の違い。正しい書き方と提出の手順。

【介護職の退職】退職願と退職届の役割の違い。いつごろ提出すればいい?

退職の意思を伝える書類には、「退職願」と「退職届」の2つがあります。

あなたは「退職願」と「退職届」、その2つの違いがわかりますか?

私は実際に退職をするまで、「退職願」と「退職届」って名前が違うだけで意味は同じじゃないの?と思っていました。

 

退職願」と「退職届」は書類の意味も、提出する時期にも違いがあります

 

この記事では、退職願と退職届の役割の違い、いつごろ提出すればよいのか?そして、退職願と退職届の正しい書き方を紹介していきます。

この記事を読むことで、実際に退職するときも、焦らず、スムーズに退職の意思を伝える事が出来るでしょう!

 

退職願と退職届の役割の違い

退職願と退職届の役割の違い

 

退職願と退職届はそれぞれ違う役割を持っています。

その違いを紹介していきます。

 

退職願いとはなにか?

退職願は、「〇月〇日をもって退職したいです」という意思を伝えるための書類です。

口頭で退職の意思を伝えることも可能ですが、書面で提出した方がより強く意思を伝えることが出来ます。

また、書類として提出することで、言った言わないといった、もめ事を避けることが出来ます。

この意思表示をもって会社が雇用契約を解除するか?の検討。具体的な退職日の決定の交渉に入っていきます。

 

退職届とはなにか?

退職届は、会社側から退職が認められ、退職が確定したのちに提出する書類で、「〇月〇日をもって退職します」と意思表示をするものです。

法的な提出義務はなく会社から提出を求めれない場合もあるが、言った言わないなどのトラブルを避けるためにも、退職が認めれ次第速やかに提出する必要があります。

退職届は、会社の規定している様式がある場合もあるので、退職届を出す前に確認しておくと良いでしょう。

 


トラブルを避けるためには「退職願」、「退職届」は言われなくても提出しておけば安心だね。

 

 

退職願と退職届はいつごろ、誰に提出すればいい?

退職願と退職届はいつごろ、誰に提出すればいい?

 

退職願と退職届はいつごろ提出すれば良いのか?

また、退職願の提出から退職までの流れを紹介します。

 

退職願はいつごろ、誰に提出すればいい?

正社員など、期間の定めのない雇用契約の場合、法律では退職の2週間前までに退職届を提出すれば退職することが可能です。

ですが、退職の1カ月前までに申し出ることなど、会社で退職の申し出に関する就業規則が設けられている場合が多くあります。

基本的には、会社の就業規則よりも法律が優先されるため、会社の就業規則で1月前までに…、と定められていようと退職届の提出から2週間後に退職することが可能です。

 

ですが…

 

円満退社をしたい場合は3カ月前に退職の意思を伝える!

 

ことがベストです!

 

あなたが退職すれば、職員数が少なくなることによりシフトに穴が開くことになります。

また、介護職の仕事では誰か一人だけしか知らない事柄というのは少ないため、引継ぎすることは少ないですが、必要なことは引き継ぐ必要があります。

3カ月前に退職の意思を伝えておけば、シフトの穴埋めの対策、引継ぎ、有給消化をしても、施設側に十分な猶予があると言えるでしょう。

退職願の提出は、直属の上司、介護施設ならば主任や係長といった現場の責任者にわたすことが一般的です。

主任や係長が何らかの理由で受け取ってくれない場合は、さらにその上の上司に提出しましょう。

 

退職を伝える時期のポイント

 

  • まずは自分の会社の就業規則を確認する
  • 有給・円満退社を考えると3カ月前位には伝えたい

 

 

【参考記事】

介護職を退職するときの伝え方をもっと詳しく知りたい!という方は↓の記事を参考にしてください。

 

>>介護職を退職するときの伝え方。円満退職するためのコツはたった1つだけ<<

 

 

 

 

退職届はいつごろ提出すればいい?

退職願を提出し、退職が認められると、実際にいつを退職日とするのか?の交渉を行います。

退職日が決定したら、速やかに退職届を提出しましょう。

誰に提出するかは、退職日交渉の際に確認しておくとよいでしょう。

一般的には、現場の役職のさらに上の上司である、課長や部長、施設長などに提出をする場合が多いです。

 


退職願、退職届を「いつ」「だれに」提出するかはしっかり押さえておきたいね!

 

 

退職願の提出から退職までの流れ

退職願の提出から退職までの流れを紹介します。

基本的には、以下の①→⑤の流れで退職することになります。

 

【退職の流れ】

  1. 退職の意思を固める
  2. 退職願の提出
  3. 退職日の交渉・決定
  4. 退職届の提出
  5. 退職

 

 

【参考記事】

介護職の退職願の提出から退職、再就職までの一連の手順、退職時に会社に返却する物、受け取るものを知りたい場合は↓の記事をご覧ください!

 

【退職手順】介護職を退職するときの流れ。有給消化・ボーナス!円満退社!

 

 

 

 

退職願と退職届の正しい書き方

退職願と退職届の正しい書き方

退職願と退職届、パソコンと手書きどちらが良いのか?

用意する物と正しい書き方を紹介していきます。

 

パソコンと手書きどちらが良い?

手書きの方が誠意がつたわるとの声もありますが、パソコンでの書類作成が一般化している昨今、パソコン書きで問題ないと思います。

私自身、退職願、退職届はパソコン書きで提出しましたが、特に問題ありませんでした。

 


間違いがあって再提出を求められた時などの手間を考えると、パソコン書きの方が楽ちんではあるね!

 

退職願、退職届を作成する時に用意するもの

退職願、退職届を作成するときに必要な物を紹介します。

  • 用紙 : B5かA4の白紙
  • 封筒 : 郵便番号無しの白無地(B5用紙:「長形4号」、A4用紙「長形3号」)
  • ペン : 黒ボールペン(手書きの場合)

 


白無地の封筒はホームセンターとかで売っているよ!

 

退職願・退職届の書き方

 

退職願と退職届の書き方を、例文に沿って紹介していきます。

 

【退職願 例文】退職願

 

【退職届 例文】

退職届

 

①退職理由

退職理由は、自己都合退職の場合は「一身上の都合」とします。

会社理由の場合は、「人員削減」など具体的な内容を書きましょう。

 

②退職日

退職願の場合はあなたが希望する退職日を記入します。

退職届の場合は、退職日の交渉で決定した退職日を記入します。

 

③退職の表現

退職願の場合は、意思を伝えるためのものなので「お願い申し上げます」

退職届の場合は、退職が受理された後なので「退職いたします」と宣言します。

 

④書類提出日

退職願、退職届を提出した日付けを記入します。

 

⑤所属と氏名

あなたの所属部署と氏名を書き、捺印します。

所属部署は介護職をしていると馴染みが薄い場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

 

⑥宛名

組織の最高責任者の役名と名前を書きます。

社会福祉法人の場合は、理事長宛てとするのが一般的です。

誰宛とすればよいのか、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

 


退職届を再提出するのは締まらないから、「自分の所属」「誰宛に」をしっかり確認しておこう!

 

 

退職願・退職届のテンプレート退職願・退職届のテンプレートは「マイナビ転職」様のテンプレートを使用させて頂いております。テンプレートは以下のリンクから入手可能です。

>>退職願のwordテンプレート
>>退職届のwordテンプレート

 

まとめ

退職願と退職届の役割の違い、いつごろ提出すればよいのか?そして、退職願と退職届の正しい書き方を紹介させて頂きました。

はじめて退職する場合などは、退職に関して分からないことが多く、退職願や退職届もその一つかと思います。

しっかりと役割の違いを理解し、退職をすすめていくことが、トラブルなしのスムーズな退職につながります。

あなた退職がスムーズで円満であることを願っております!

 

 

ストレスなくスパッと退職したい方必見!退職代行とは?

>>退職代行とは?サービスの利用金額やメリットとデメリットは?

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

退職時に会社から受け取るもの、会社に返却するもの

【介護職の退職】退職時に会社から受け取るもの、会社に返却するもの

介護職の退職】会社からの引き止め対策!引き止めのケース別の対処法は?

【介護職の退職】会社からの引き止め対策!ケース別の対処法は?

介護職の退職理由【本音ランキング・ベスト10】退職理由は嘘をついたほうがいい?

介護職の退職理由【本音ランキング・トップ10】辞める理由は嘘をついたほうがいい?

退職手順

【退職手順】介護職を退職するときの流れ。有給消化・ボーナス!円満退社!

【介護職の退職】退職の挨拶回りと、菓子折りは必要?(例文あり)

【介護職の退職】退職の挨拶回りのやり方。菓子折りは必要?(例文あり)

退職代行ってどんなサービス?メリットとデメリットは?

退職代行とは?サービスの利用金額、メリットとデメリットは?