退職代行とは?サービスの利用金額、メリットとデメリットは?

退職代行ってどんなサービス?メリットとデメリットは?

最近、テレビや広告などで退職代行というサービスを目にする機会が増えてきました。

言い出しづらい退職を、代わりに伝えてくれるサービスというイメージは湧きますが、実際どのようなサービスであるかは、よくわからない方も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、退職代行とは、どんなことをしてくれるサービスなのか?

そもそも退職代行を使うと本当に会社を辞められるのか?

など退職代行に関する疑問点の解説と、退職代行を使うことによるメリットとデメリットを解説していきたいと思います。

 

退職代行はどんなサービス?

退職代行はどんなサービス?

 

退職代行とはどんなサービスか?

サービスにかかる費用は?

どんな人におすすめか?

サービスを利用して退職に失敗することはあるのか?

 

などなど、退職代行に関する疑問を解説していきます。

 

退職代行は退職の意思をあなたの代わりに会社に伝えるサービスです。

退職代行サービスは、あなたの代わりに退職の意思を会社に伝えるサービスです。

申し込み後、即日対応であることがほとんどで、申し込んだその日から、あなたは現在勤めている会社に出社する必要がなくなります。

そればかりか、電話などでも連絡することなく、そのまま退職することが可能です。

 

退職代行サービスの費用はどの程度かかるのか?

退職代行は利用する会社によりますが、大体3万円から5万円くらいの費用がかかります。

はっきり言ってしまうと、自分自身で退職すると会社に伝えれば掛からない費用です。

ですが、人によっては費用が掛かっても退職代行を使って退職をしたほうが良い場合もあるかと思います。

例えば…、退職代行は次のような人にはおすすめなサービスです。

 

退職代行はこんな人におすすめです

 

退職代行はこんな人におすすめ

 

  • 退職したいのに退職を言い出せずに半年以上が過ぎた
  • パワハラ上司に何を言われるか怖くて退職を言い出せずにいる
  • 何かしら理由をつけて退職をずっと引き延ばされている
  • 心身共に疲弊しており、すぐに会社を辞めたい
  • 申し訳なさから辞められない

 

上記のような方は、かかる費用以上に得るものがあるのではと思います。

 


今いる会社がブラック企業なら、続けることは悪影響でしかないよ…!

 

退職代行は法律事務に関する交渉はできません

弁護士法人でない、退職代行サービスは以下のような法律事務に関する交渉はできません。

  • サービス残業や給料の未払い交渉
  • 不法な長時間労働
  • 悪質なパワハラによる心身障害など

 

上記に加え、退職を理由に会社から訴えられた場合も弁護士法人でない退職代行サービスでは対応できません。

ですが、「訴えるぞ」と脅してくるような会社もまれにありますが、単に会社を辞める事や、従業員として仕事していく上で通常起こりうるミス程度では損害賠償をすることはできません。

また「退職代行EXIT」によると、裁判コストを考えると訴えることは割に合わず、数千件の退職代行で実際に訴えられたケースは0件だそうです。

 


普通に働いていて、退職するときに訴えられるようなことは、ほとんどないよ!

 

退職を失敗することはあるの?

退職代行サービスである「退職代行Jobs」など、退職に失敗した場合は「全額返金」されますが、法律上、退職は労働者に与えられている権利であるため、基本的にほぼ100%退職可能と思っていても良いでしょう。

 

そもそも、労働者の権利である「退職」を認めない会社があるというのもヘンな話ですが…。

退職を強固に受け入れない会社も、第3者の介入があると、驚くほどスムーズに退職を受け入れることが多いようです。

 

退職を完遂できない事例として、まれに依頼者みずから退職を辞退することもあるようです。

 


当事者同士だと感情論になりがちだけど、第3者経由だと会社側も冷静に話すしかなくなるよね。

 

退職に関わる書類のやり取りは?

退職代行を利用すると、あなたと会社側の直接やりとりは原則する必要がなくなります。

退職時に会社に返却する退職届や、保険証、会社から受け取る源泉徴収票や離職票など、書類のやり取りに関しても、郵送と、退職代行サービスからあなたの会社との電話でのやり取りで完結します。

実際に必要となる書類などは「退職時に返却する物、会社から受け取るもの」をご覧ください。

 

退職代行を使うメリットとデメリットは?

退職代行を使うメリットとデメリットは?

 

退職代行を使うデメリット

退職代行を使うデメリットとしては…

 

退職代行を使うデメリット

 

  1. 3万~5万円という安くない利用料金
  2. 退職をあなたの口から伝えられない
  3. 退職を自分の手で行うことでストレス耐性がつくという見方もある
  4. 退職を自分の手で行うことで人生経験が身につく

 

利用料金が高いというデメリットのほか、退職を自分の手で行うことを人生経験としてとらえると、そこがデメリットとなります。

退職という、ある意味会社を否定することをあなたの口から言う事、その後の会社からの引き止めを自分自身の考えをまとめ、会社を説得することなど、退職という行為を通した経験はあなたの糧になります。

また、辞めることが決まっている会社にしばらく勤めるというのは、ストレスがたまる作業です。

それを行うことでストレス耐性が身に付きます。

 

逆に、退職代行を使うと次のようなメリットがあります。

 

退職代行を使うメリット

 

 

退職代行を使うメリット

 

  1. 退職にまつわるストレスがない
  2. 即日やめられるので、時間の無駄がない
  3. 引き止めや、脅しによる無駄な消耗がない
  4. モチベーションの上がらない仕事をしなくて済む
  5. 人間関係をスパッと断ち切れる

 

といったメリットがあります。

 

自分自身、退職を何度か経験していますが、退職の決まった後の仕事は消化試合のようなものでモチベーションが上がらず、得るものも少ないです。

退職を決意してすぐにスパッとやめられる。

時間を無駄に使わずに済むのは大きなメリットと言えます。

 

また、特にサービス残業あたり前のブラック企業に多いのが、脅しや、あなたに落ち度のない理由による退職の引き延ばしです。

退職のいざこざでよくあるのが、「人が足りないから今辞められると困る」というものですが、言葉を選ばずに言えば、単なる会社側の甘えと言えます。

退職による人員減少のリスク管理は会社の仕事なので、あなたに困ると言われる筋合いのない理由による引き止めであり、ましてや脅すような言い方をしたとなれば、恥の上塗りでしかありません。

 

ですが、そういった常識が通用しないのがブラック企業です。

 

水掛け論のようになってしまい、まともな話し合いが出来ない会社での退職は、良い人生経験とはならず、ただ単に精神的に消耗するだけなので、退職代行を使うことに大きなメリットがあります。

 


退職をあなたの手で行うことは確かに人生経験になりうるけど、ブラック企業を相手にする場合は良い人生経験というより、単なる消耗だね…

 

 

退職代行サービスのおすすめ3社

退職代行サービスおすすめの3社

 

退職代行サービスのおすすめ3社を紹介します。

 

退職代行サービスおすすめの3社

 

 

「退職代行Jobs」の特徴

 

退職代行Jobsの特徴

 

  • 29800円は業界の中でも最安値の価格帯
  • 追加費用は一切なし
  • 顧問弁護士が顔出ししており信頼性がある
  • 全額返金保証あり
  • 退職成功率100%の実績

 

「退職代行Jobs」は業界最安値の価格帯である29800円という料金と、顧問弁護士が顔出しをしていることが最大の特徴です。

顔出しをしていない顧問弁護士の退職代行サービスを否定するわけではありませんが、顔出しはある意味、対応に責任を負っていることの現れです。

弁護士が監修・指導する、対応のしっかりしている退職代行サービスと言えるでしょう。

>>「退職代行Jobs」に無料相談してみる

 

 

「退職代行EXIT」の特徴

 

退職代行EXITの特徴

 

  • パート30000円、正社員50000円
  • 追加費用は一切なし
  • 退職代行業界での知名度NO.1
  • 業界トップの退職代行実績
  • 退職成功率100%の実績

 

「退職代行EXIT」は正社員の退職で50000円と、やや高めの価格設定ですが、退職代行業界では知名度、実績共に業界トップと言えます。

NHK、テレビ朝日、TBS、フジテレビ、日経新聞、朝日新聞、毎日新聞など、多くのメディアでも紹介されている実績から、サービスの信頼性も高い代行会社です。

「全額返金保証」を設けていないのも、退職を100%成功させるという確実性の裏付けと言えます。

>>「退職代行EXIT」に無料相談してみる

 

 

汐留パートナーズ法律事務所の特徴

 

汐留パートナーズ法律事務所の特徴

 

  • 54000円 (+オプション料金)と価格は高め
  • 弁護士による退職代行サービス
  • 未払金・残業代などの交渉対応も可能
  • 損害賠償などトラブルの交渉も可能

 

「汐留パートナーズ法律事務所」の最大の特徴は弁護士法人が運営しているという事です。

弁護士法人の退職代行サービスのため、未払金や残業代、退職金などの請求交渉も代行してくれます。(請求交渉は成功報酬として経済的利益の20%をオプション料金が発生します)

基本料金は54000円と高めですが、未払金など、会社から当然の権利として受け取れるお金が発生しそうならば、しっかりと回収してくれるという意味でメリットはあるでしょう。

また、まれなケースですが損害賠償などのトラブルが発生しそうな場合は、弁護士法人の退職代行は心強いですね。

>>「汐留パートナーズ法律事務所」に無料相談してみる

 

 


相談は3社とも無料だよ!!

 

 

まとめ

 

退職代行サービスとはどんなサービスなのか?

退職代行サービスに関する疑問点と、退職代行サービスを利用するメリットとデメリットを解説させて頂きました。

退職は自分の手で行うことで経験を得ることが出来ますが、ブラック企業を退職する場合は、有益な経験とは言いがたい無駄なストレスにさらされることになります。

退職代行サービスは無駄なストレスを避ける手段として、費用は高めですが、効果は高いです。

ブラック企業と交渉するストレス、退職引き延ばしにより失われる時間や、精神的な消耗は、あなたにとって有益なものではありません。

気持ちよく新たな人生のスタートを切りたい方は、下記より退職代行サービスに無料で相談してみて下さい。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

NO IMAGE

介護職の退職理由【本音ランキング・ベスト10】退職理由は嘘をついたほうがいい?

介護職を退職するときの伝え方。円満退職するためのコツはたった1つだけ

介護職を退職するときの伝え方。円満退職するためのコツはたった1つだけ

退職を迷っているときに確認すべき13個のこと

退職を迷っているときに確認すべき13個のこと【その退職、本当に後悔しない?】

退職時に会社から受け取るもの、会社に返却するもの

【介護職の退職】退職時に会社から受け取るもの、会社に返却するもの

退職手順

【退職手順】介護職を退職するときの流れ。有給消化・ボーナス!円満退社!

【介護職の退職】退職願と退職届の役割の違い。いつごろ提出すればいい?

【介護職の退職】退職願と退職届の違い。正しい書き方と提出の手順。