介護職の靴は何がいい?現場に適した靴の選び方の8つのポイントを解説

靴

介護の現場では、仕事に使う靴はそれぞれの職員が購入したものを使う場合が多いです。

介護職が靴を選ぶ際に、クロックスタイプのサンダルや通気性の良いスニーカーなど色々な選択肢がありますが、自費購入の場合も多くあるので、なるべく長く履けるものを選びたいです。

実際に仕事で使う靴を購入する際には、仕事のやりやすさや、サービス業の側面もある仕事なので見た目で浮き過ぎないか?など購入する際に注意しておきたいポイントがいくつかあります。

ここでは、介護職の仕事に使う靴を選ぶ上でこのポイントを押さえておけば大丈夫!といえる介護の現場に適した靴の選び方を8つのポイントを挙げて紹介していきます!

 

 

介護の現場に適した靴の8つのポイント

 

介護職の仕事がしやすくなる靴を選ぶための8つのポイントを紹介していきます。

 

 

介護職に適した靴の8つのポイント

 

  1. 歩きやすい
  2. 汚れが拭きとりやすい
  3. 脱げにくい
  4. 履きやすい
  5. つま先が出ていない
  6. 清潔感がある色
  7. ユニフォームと合わせて浮いていない
  8. 靴ひもが無い

 

①歩きやすい

介護職は歩く事が多い仕事です。足にフィットした歩きやすい靴が良いでしょう。

 

②汚れが拭きとりやすい

トイレや食事の介助をしていると、汚物や食べこぼしが靴に落ちる事も多いです。布製等、しみこみ易い素材の靴は、汚れが拭きとりにくいのでお勧めできません。

 

③脱げにくい

介助時に靴が脱げてしまうと事故につながります。足を踏ん張っても脱げない靴を選びましょう。

 

④履きやすい

「脱げにくい」と相反する内容ですが、畳を利用されている方もいるので、靴を脱ぐ機会も多いです。足首がすっぽりと固定されている靴は、脱いだり履いたりに苦労するでしょう。

 

⑤つま先が出ていない

つま先が出ている靴は転びやすく踏ん張りも利かず、介助時に危険です。

 

⑥清潔感のある色

介護士のユニフォームは利用者やその家族に不快感を与えない為に、清潔感のあるものが採用されている事が多いです。ピンクや紫などを基調とした色合いは浮いてしまうのであまり合わないです。

 

⑦ユニフォームと合わせて浮いていない

当たり前ですが、ハイヒールやビジネス用革靴はポロシャツ、チノパン姿には合いません。派手さを控えたシンプルなデザインの物を選んでおけば、印象が良いのではないでしょうか。

 

⑧靴ひもが無い

良く言われているのが、靴ひもが介護器具にひっかかり危険だという事です。危険な要素は無い方が良いです。

 


8つのポイントを紹介したけれど、その中でもこれだけは押さえておきたい!ってポイントは安全に介護ができるってことだよ!

 

介護職はどんな靴を選べばいいのか?

「スニーカー」タイプの靴で色は「白」が基調。足を入れる間口は「かかとを完全に覆わない」。表面は拭きとり可能な水をある程度弾くもの。

紐ではなく「マジックテープ」や「ファスナー」止めの物を選択すれば間違いはなさそうです。

 

【メッシュを使用した通気性ありの低価格タイプ】

[富士ゴムナース] ナースシューズ 840 ホワイト [スタートレーディング] マジックナースシューズ レディース 7602 ピンク 
価格 :¥ 2,212 – ¥ 3,820
(価格は2018.6.14時点の価格です)
価格 :¥ 1,980
(価格は2018.6.14時点の価格です)

 

 

【ちょっと高めのアディダスのスニーカー】

[アディダス] スニーカー VALCLEAN2 CMF ホワイト (アディダス オリジナルス)スニーカー スタンスミス CF

価格 :¥ 3,589 – ¥ 7,000
(価格は2018.5.19時点の価格です)

価格 : 7,599 – ¥ 8,300
(価格は2018.5.19時点の価格です)

 

 

介護職の服装や身だしなみについて紹介した記事↓も良かったらご覧ください

利用者と家族
はじめて介護の仕事をする方や新しい職場に転職した方など、介護職として服装が浮いていないか気になるところだと思います。 服装による印象は大切...

 

介護の仕事をする上で役に立つ持ち物10選の記事↓も良かったらご覧ください

介護の持ち物
介護の仕事をする上で、持ち歩いていると便利だったり、持っていることでスムーズに仕事をこなせる持ち物というものがあります。 例えば… ...

 

まとめ

介護の現場に適した靴の選び方についての8つのポイントを挙げて紹介させて頂きました。介護の現場で使う靴選びの参考になれば幸いです。

実際の現場では白のスニーカーをよく見かけますが、汚れが拭きとれるような革張り素材は蒸れる為、メッシュ素材の靴をはいている方もいます。

私自身は、紐で止めるタイプの白のスニーカーをはき、紐が引っかからないように束にまとめて使っています。

よくクロックスタイプのサンダルでもいいの?と聞かれますが、私はおすすめしません。脱げやすく踏んばりがきかないので、利用者さんがふらついた時など一緒に転倒する危険があります。

個人的には、危険が無く、あまりに浮いていなければ、個性を出しても良いのかなと思います。仕事とは言え、自分の気に入ったものを選びたいですよね。

 

 

介護の仕事をしている方は身を持って体験している方も多いと思いますが、介護の仕事の定期昇給額は低めです。(...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ハート

介護職への転職!未経験者の不安を取り除く11個の心がけ

同じことを繰り返す利用者にイライラしない7個の対処法

介護職のストレス!同じことを繰り返す利用者にイライラしない7個の対処法

朝焼け

【介護派遣】日給3万円以上?夜勤専従。仕事内容はどんな事をする?

インフルエンザ

インフルエンザの感染の特徴と感染予防の7つのポイント

利用者と家族

介護職の服装や身だしなみを解説!印象をアップする9つのポイント

仕事スピード

介護の仕事のスピードを上げる6個のコツ。人間関係の改善にも効果あり!